トップページ | 聞こえない人たちとともに »

2013年1月 7日 (月)

地域のみなさんと過ごした年末

もちつきで、気持ちもあたたかい

年末には、地域の恒例行事が行われました。

子ども会ごとに開催されるもちつき。とくに、若い子育て世代が多く住むマンションのある地域では、子どもも大人も大勢が集まって賑わっ ていました。餅米を蒸す、臼でつく、丸める、ぜんざいや雑煮をつくる等、もちつきは、多くの人たちが協働で楽しむ場であり、食文化の宝庫のような気がしま す。もちろん、つきたてのお餅は最高に美味しい!

Nenmatsu001 Nenmatsu002 Nenmatsu003


地域の力を合わせ、しめなわづくり

神社のしめなわづくり。地元の農家から頂いたわらを整え、叩いて柔らかくします。鳥居に飾る長いしめなわは、5.6人が力を合わせ、器 用にわらを挟み込みながら編んでいきます。絞り込んでいく時は、かけ声もかけ、腕に力を込めます。その迫力に思わず見入ってしまう私です。

別の場所では、もっと短いしめなわや飾りをつくっています。「私が元気な限りは、しめなわを作りつづけたい。」と笑顔で話す高齢のおじいさん。どうか、いつまでもお元気で、と祈りながら、「若い世代にも、しっかり引き継いで下さい。」と伝えました。

大晦日に神社に行ってみると、新しいしめなわが神社のあちこちに取り付けられていました。地域のみなさんのおかげで、気持ちよく新年が迎えられます。

Nenmatsu004 Nenmatsu005 Nenmatsu006

地域で安心なまちづくり


私の住む小学校区では、子ども会の地域ごとに夜警が行われました。2日~3日、夜8時~10時頃まで、数回にわたってパトロールします。もう10年以上続けている所もあれば、自主防災組織を立ち上げて間もない所もあります。子どもの参加もありました。

今年は、私も可能な限り、みなさんと一緒に歩きました。拍子木を叩きながら、「火の用心」「おもち焼いても家焼くな」といった声をあげるのです。「参加者 がだんだん少なくなった」と心配する声もありましたが、続けることに意味がある!とリーダーの方が挨拶で話していました。

このような地道なとりくみが、まちの防災・防犯意識を高め、安心のまちづくりにつながると思います。夜警の後は、それぞれ懇親会や忘年会があり、人のつながりも深め合えたのではないでしょうか。私も、地域のみなさんと親しくなれて嬉しかったです。

Nenmatsu007 Nenmatsu008 Nenmatsu009





トップページ | 聞こえない人たちとともに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

プロフィール

  • 大星なるみ 八尾市議会議員

    30年間の教員生活に終止符を打ち、2011年4月、八尾市議会議員選挙において、得票数2655票で初当選させていただきました。現在1期目。

    (Webサイト)
    http://n-oboshi.net/