« 6月定例会が始まります。 | トップページ | 大津波のあとに »

2013年6月14日 (金)

今、福島で

130614

世界人権宣言八尾実行委員会が主催する講演会。

原発事故から二年余り、福島の現状と在住子ども支援について報告を聞きました。

ほとんど外出もできず、外で遊ぶこともできない時期が一年以上も続き、そのことが、子どもたちの心身の健康や学力にも深刻な影響をもたらしたこと。
甲状腺ガンの発症率が他の地域より高いこと。
今なお、日々の生活に放射線量を示す数字がつきまとうこと等
生々しい現実を突きつけられました。

子どもたちが屋外で思いっきり遊び、活動できるように保養プログラムが組まれ、日本全国で受け入れの輪が広がっていることも知りました。

でも、その活動を支えるには、人も資金も必要。
国の施策、支援が欠かせません。
一年前、原発事故子ども被災者支援法ができたというのに、
国主導の取り組みができていないとか。
もっと、知らなくてはならないことがたくさんありそうです。

原発事故は、命を脅かし、家族を離れ離れにし、ふるさとを奪いました。
取り返しがつかないのです。
そのことを忘れてはいけません。

« 6月定例会が始まります。 | トップページ | 大津波のあとに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

プロフィール

  • 大星なるみ 八尾市議会議員

    30年間の教員生活に終止符を打ち、2011年4月、八尾市議会議員選挙において、得票数2655票で初当選させていただきました。現在1期目。

    (Webサイト)
    http://n-oboshi.net/