« ドキュメンタリー映画「標的の村」 | トップページ | 「豊かな老後」へのアプローチ »

2013年10月 7日 (月)

地域ぐるみで健康づくり

131007001


八尾市循環器健診50周年記念式典に出席してきました。
脳卒中で亡くなる人が多い地域を中心に
1964年から循環器健診が行われたそうです。

今日までそのとりくみが続けられているのが南高安地区。
現在は、成人病予防の健診(特定健診)を地域で行っています。
自治会のなかに、健診を進める人たちがいて、
健診申し込みの用紙を配ったり、回収したり、
健診を受けるよう勧めたりしています。



健康に対する意識が高くなって、
健診を受ける人が、他の地域より10%高い。
その結果、脳卒中にかかる人も減り、
かかっても亡くなる人は少ない。
高血圧や糖尿病の人も他の地域より少ない。
当然、一人あたりの医療費も減る。
すごい成果です。

長い間、健康づくりに取り組んできた地域の方々や
協力して下さった医療関係の方々に
頭が下がる思いです。
全国的にも例のない南高安地区のとりくみを
八尾全体に広めていきたい。


131007002


« ドキュメンタリー映画「標的の村」 | トップページ | 「豊かな老後」へのアプローチ »

八尾市の話題」カテゴリの記事

プロフィール

  • 大星なるみ 八尾市議会議員

    30年間の教員生活に終止符を打ち、2011年4月、八尾市議会議員選挙において、得票数2655票で初当選させていただきました。現在1期目。

    (Webサイト)
    http://n-oboshi.net/