« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月21日 (金)

真央さん、おめでとう!

ソチオリンピック、フィギュアスケートフリーの演技は圧巻だった。

16位に沈んだショートの演技を終えてからの浅田選手の苦悩は想像もできないが、演技直前で気持ちを切り替え、「自分がめざしてきた最高の演技」を成し遂げた。

本当にすごい精神力だ。それに、結果につながるだけの努力をしてきたのだと思う。
彼女は、他に誰も跳ばないトリプルアクセルにこだわり続けてきた。
そこまで自分を追い込まなくてもいいのにと、見ていて胸が痛む場面もあった。

でも、彼女は大技をあきらめず、さらに他の技にも磨きをかけてきた。
その彼女のひた向きな姿が好きだ。

フリーの演技は、まさに彼女のスケート人生の集大成。
笑顔で終えることができて、本当に良かった。

メダル以上の輝きと感動を与えてくれた浅田選手。
本当にありがとう!お疲れさまでした。


http://sochi.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201402210007-spnavi

2014年2月11日 (火)

無罪を勝ち取るまで

140211

映画「SAYAMA~見えない手錠をはずすまで」の上映会に行ってきた。

無実を訴え続けて50年。
石川一雄さんは、32年近く刑務所へ。1994年に仮出獄したが未だに再審の扉が開かず、部落差別を背景にした冤罪事件として、今も闘いが続いている。

映画は、石川一雄さんと妻の早智子さんの日常をありのままに映し出す。無実を信じて集まる支援者や仲間との交流や、狭山事件の問題点なども織り込まれている。

石川さんは無実を勝ち取るまでは両親の墓参りに行かないと、信念を貫いている。本当は、すぐにでも墓参りに行きたいはずなのに、今なお、見えない手錠をかけられ、自ら心を縛っている。冤罪や差別がもたらした現実に胸が痛い。

でも、支援者としてパートナーとして、明るく生きる早智子さんの姿に、温かい安堵感のようなものを感じた。
いい映画だった。

2014年2月 5日 (水)

「地域力」写真展

140205001


市役所ロビーで開催中。
小学校区まちづくり協議会を中心にとりくまれている活動を写真で紹介している。
「ふれあい」をキーワードにしたイベント・喫茶・給食会・スポーツ、
子どもたちとの世代間交流の場・校庭キャンプ・農業体験・収穫祭・手作り教室、
防犯パトロールや見守り活動・地域ぐるみの防災訓練、地域清掃等、多彩な活動が紹介されていた。
熱心にとりくんで下さっている関係者の皆さんに感謝します。


続きを読む "「地域力」写真展" »

2014年2月 4日 (火)

オープン間近、新図書館。

140204

4月30日オープンする八尾市立図書館が、その姿を現しました。

前面の突き出た部分は、自然の風を取り入れるテラスになっていて、ここでのんびり読書を楽しむ光景が見られそうです。全体的に四角四面の建物ですが、曲線状のテラスが心を和ませてくれます。

現在の図書館に比べ、閲覧室が2倍以上広くなります。
1階は児童書やAV資料、2階は一般図書が並べられ、読み聞かせができる部屋もあります。
今東光を中心にした資料館や、図書館の本を持ち込んで学習できる部屋も。
また、青少年センターが併設させており、集会室や会議室が使えます。

子どもから高齢者まで、オープンを楽しみにしている方々が、たくさんいらっしゃいます。
建物は立派になりました。あとは、スタッフが利用者に寄り添いながら、居心地のよいサービスと空間を提供することを望みます。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

プロフィール

  • 大星なるみ 八尾市議会議員

    30年間の教員生活に終止符を打ち、2011年4月、八尾市議会議員選挙において、得票数2655票で初当選させていただきました。現在1期目。

    (Webサイト)
    http://n-oboshi.net/