« 「地域力」写真展 | トップページ | 真央さん、おめでとう! »

2014年2月11日 (火)

無罪を勝ち取るまで

140211

映画「SAYAMA~見えない手錠をはずすまで」の上映会に行ってきた。

無実を訴え続けて50年。
石川一雄さんは、32年近く刑務所へ。1994年に仮出獄したが未だに再審の扉が開かず、部落差別を背景にした冤罪事件として、今も闘いが続いている。

映画は、石川一雄さんと妻の早智子さんの日常をありのままに映し出す。無実を信じて集まる支援者や仲間との交流や、狭山事件の問題点なども織り込まれている。

石川さんは無実を勝ち取るまでは両親の墓参りに行かないと、信念を貫いている。本当は、すぐにでも墓参りに行きたいはずなのに、今なお、見えない手錠をかけられ、自ら心を縛っている。冤罪や差別がもたらした現実に胸が痛い。

でも、支援者としてパートナーとして、明るく生きる早智子さんの姿に、温かい安堵感のようなものを感じた。
いい映画だった。

« 「地域力」写真展 | トップページ | 真央さん、おめでとう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

プロフィール

  • 大星なるみ 八尾市議会議員

    30年間の教員生活に終止符を打ち、2011年4月、八尾市議会議員選挙において、得票数2655票で初当選させていただきました。現在1期目。

    (Webサイト)
    http://n-oboshi.net/