« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

地域の教育力

140930001

毎月2回、土曜日に開かれるわくわくプラザを見学しました。

地域のみなさんが実行委員会をつくり運営しながら、
さまざまな催しで、土曜日の午前中を子どもたちと過ごします。
もう20年間続いていると聞き、とても驚きました。

毎回発行される新聞は364号に。
会場の小学校を何教室も使い、
工作、手芸、昔遊び、お作法、紙すきなど10コース。

140930002

運動場では、グランドゴルフなども。
それぞれで、地域のおばちゃんやおじちゃんと子どもたちのふれあい、交流があります。


続きを読む "地域の教育力" »

2014年9月16日 (火)

どの子も保育所に入れるように

9月11日に開かれた文教常任委員会。

来年度の保育所入所申し込みに関して、担当課から報告がありました。

今一番気がかりなのは、親が働いていても入所できなかった待機児童が48名、さらには入所を希望する保留児童が374人も(いずれも4/1現在)いることです。八尾市も、この間様々な努力をして対応してきましたが、未だ解消されていません。


しかし、来年度に向けては全体で460人(内226名は待機児童の多い0-2才)の入所ワクを拡大すると報告があったので、少なくとも待機児童は解消されるのではないかと期待しています。


もちろん、保育所施設の整備、分室の設置等のための関連予算案が今議会に出されていますので、それらが採択されることが前提ですが。

続きを読む "どの子も保育所に入れるように" »

2014年9月 5日 (金)

新しい子ども・子育て支援制度

140905001


2012年に成立した子ども・子育て関連3法案に基づいて、来年度から子ども・子育て支援制度が変わります。

八尾市が対象世帯にパンフレットを送り、説明会への参加を呼びかけました。
曜日や時間帯に配慮し5回の日程を設けていますが、私が参加した今日の説明会は、夜7時から開始にも関わらず、約50人が参加していました。


市がプレゼンをしながら説明した後は、約30分の質疑応答の時間。
途切れなく活発に質問が出されました。

新制度に移った保育所、幼稚園、認定こども園に入る手続きについて、病児保育は充実するのか、途中入園や、仕事をやめた場合はどうなるのか、待機児童は解消するのか、保育料が変わるのか等、具体的な質問に市の担当者が答えることで、制度の内容がより見えてきました。

続きを読む "新しい子ども・子育て支援制度" »

2014年9月 2日 (火)

みんなでつくろう、「子ども計画」

140831_2

来年度から5年間にわたって、八尾市の子どもや子育て支援の施策をどのように進めるのか、その計画づくりに広く意見を反映するため、子ども・子育てワークショップが開かれています。

続きを読む "みんなでつくろう、「子ども計画」" »

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

プロフィール

  • 大星なるみ 八尾市議会議員

    30年間の教員生活に終止符を打ち、2011年4月、八尾市議会議員選挙において、得票数2655票で初当選させていただきました。現在1期目。

    (Webサイト)
    http://n-oboshi.net/